塙書房
ホーム お知らせ 新刊案内 リンク カートを見る

OR  AND

表示行数

上記を含む

詳しく検索 >>

「詳細検索」を隠す

新着情報
お知らせ
新 刊 案 内
ジャンル
  国語・国文学
  万葉集研究(シリーズ)
  歴史
  日本書紀研究(シリーズ)
  民俗学
  哲学・思想
各種ご案内
会 社 案 内
購 入 案 内
個人情報の管理と取扱
いについて
リ ン ク
お問い合せ
 
 
Home>詳細

平安王朝の五節舞姫・童女
        天皇と大嘗祭・新嘗祭

著者:服藤 早苗著
    B6判 264頁
    2015年3月発行
定価:2484円(本体2300円+税)
ISBN:978-4-8273-3120-2
発売日:2015/05

ショッピングカートに入れる カートを見る 購入案内

 


詳細
塙選書120

清少納言や
紫式部らが
楽しみにした
きらびやかな
五節舞姫たち

大嘗祭・新嘗祭で披露された五節舞姫・童女の実像から、平安宮廷内の儀式に潜む神事から娯楽への変遷や、身分・ジェンダーといった問題を浮き彫りにする。
さらに遊女=聖なる存在とした網野善彦氏らを批判する。

【目次】
序章 紫式部・清少納言が見た舞姫
第一章 奈良・平安初期の五節舞〜五節舞の成立と変容
  第一節 五節舞の成立と特質
  第二節 九世紀の五節舞と五節舞姫
第二章 五節舞姫献上者と舞姫
  第一節 献上者規定の変遷
  第二節 実際の舞姫献上者
  第三節 舞姫献上者の経営
第三章 五節舞姫
  第一節 五節舞姫の実像
  第二節 五節舞師
  第三節 舞姫同行者・援助者〜傅・童女・下仕等
第四章 新嘗祭と五節舞姫
  第一節 参入儀
  第二節 帳台試
  第三節 淵酔
  第四節 御前試
  第五節 童女御覧
  第六節 豊明節会
終章 五節舞姫の歴史的変容と課題


【著者紹介】(発行当時のものです)
服藤早苗(ふくとう・さなえ)
1947年愛媛県生まれ。
お茶の水女子大学大学院修士課程修了、東京都立大学大学院博士課程修了。博士(文学)。
埼玉学園大学特任教授。
専攻は、日本史・女性史・家族史・ジェンダー分析。
PAGE TOP

Copyright(c) 1994-2007 Hanawashobo CO.LTD, All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権は塙書房またはその情報提供者に属します。