塙書房
ホーム お知らせ 新刊案内 リンク カートを見る

OR  AND

表示行数

上記を含む

詳しく検索 >>

「詳細検索」を隠す

新着情報
お知らせ
新 刊 案 内
ジャンル
  国語・国文学
  万葉集研究(シリーズ)
  歴史
  日本書紀研究(シリーズ)
  民俗学
  哲学・思想
各種ご案内
会 社 案 内
購 入 案 内
個人情報の管理と取扱
いについて
リ ン ク
お問い合せ
 
 
Home>詳細

日本古代史と応神天皇

著者:直木孝次郎著
    A5判  256頁
    2015年1月発行
定価:6264円(本体5800円+税)
ISBN:978-4-8273-1270-6
発売日:2015/03

ショッピングカートに入れる カートを見る 購入案内

 


詳細
神代の時代が終わり、応神天皇から新しい人の代がはじまり、日本歴史上、応神天皇は重要な位置を占める。
神代の延長の社会から律令制の社会へ、この大きな変化が生まれる転換点が応神王朝である。
1964年に「河内政権論」を発表し、戦後の古代史学界を風靡して以来、約50年。その後の批判に、出来うる限り丁寧に応えた労作。
2005年発行の『古代河内政権の研究』の続篇。

【目次】
〈本編〉
序 論 日本国家の初期の状態を『記・紀』はどう語っているか
第一章 河内政権の成立と応神天皇
第二章 日本古代国家の形成と河内政権
第三章 山根徳太郎の難波宮研究
第四章 応神天皇で変わる日本古代史
第五章 大和政権から河内政権へ−纏向遺跡と津堂城山古墳を手がかりに−
あとがきに代えて−漢風諡号「応神」の意味−

〈外編〉
第一章 日本古代国家の特色−中国古代と比較して−
第二章 摂津国の成立再論
第三章 称徳天皇山陵の所在地
第四章 大宝以前の山上憶良


【著者紹介】(発行当時のものです)
直木孝次郎(なおき・こうじろう)
1919年神戸市生まれ。
京都大学文学部卒業。
大阪市立大学名誉教授。
PAGE TOP

Copyright(c) 1994-2007 Hanawashobo CO.LTD, All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権は塙書房またはその情報提供者に属します。